GALLERY

施工事例一覧

ミッドセンチュリーテイスト
ミッドセンチュリーテイスト

アメリカの古いアパートを連想させるリノベーション物件。それもそのはず。タイトルに冠している通り、「ミッドセンチュリー」をテーマにしているからです。ミッドセンチュリーとは、1940年~1960年代にデザインされた家具やインテリアの事を指します。したがって、部屋の細部のディティールにもこ...

光が差し込む柔らかなお部屋
光が差し込む柔らかなお部屋

明るく軟みのある床板を採用。珪藻土が塗布してある壁面と天井と調和させました。天井にはライティングレールを這わせ、複数の照明を設置出来る事で、シンプルな室内にアクセントをつけています。小上がりにはダーク色で存在感のある素材を使用することにより、お部屋を間仕切らなくても、お部屋と...

Myself,Yourself
Myself,Yourself

趣味や仕事の為の書斎的な空間。近年増えている在宅勤務のニーズに沿ったお部屋が仕上がりました。来客があってもお客様に気持ち良く過ごして貰える空間を目指し設計・施工しています。ダクトをあえて露出させ、壁面塗装は塗りを甘くしています。キッチンには造作にてカウンターを創り出し、ティー...

扇型の入口
扇型の入口

空間全体を同色系でまとめ、シックな印象のLDKには、ブラックを基調にした高級感が溢れるキッチンが鎮座。カウンターテーブルも造作で設置。色で住み分けが図られているので、視覚的にも空間を分けています。キッチン壁面のタイル張りが高級感をさらに昇華させています。#1-054

部屋の数はいくつでしょう
部屋の数はいくつでしょう

正解は、洋室は一部屋です。LDKに入口を全て集中させ、ものすごくお部屋が多いと錯覚してしまうこの物件。いまにもコ○ン君が「あれれ~おっかしぃなぁ~」なんていつもの常套句が聞こえてきそう。子供が追いかけっこをするのに最適な.....それはさておいて、画像の天井をご覧ください。縦横にラ...

ちょっとした工夫
ちょっとした工夫

自然素材が大半を占めるLDK。キッチンからベランダの外までまっすぐ繋ぎ、連続性を持たせる事により、お部屋を広く見せています。爽やかな色合いのタイルを用いたアイランドキッチンにはカウンターも設け、実用面での性能向上も追求しています。横のパターンが目立つこのお部屋に縦のパターンの...

ダイニングの理想形
ダイニングの理想形

部屋全体に広がる淡い質感の空気。明るい色調の無垢材に、キッチンを覆う木材は色合いの違う物をパネリング。そして天井を見上げてみると、打ちっ放し風のモルタル塗装。全体的に柔らかい仕上げで空間へ調和し、自然に溶け込みます。日々の暮らしのシチュエーションは人それぞれ「食」「寛ぎ」「仕...

シンプルイズベスト!でも....
シンプルイズベスト!でも....

グレーのタイル貼りがアクセントになり目を引くこのお部屋。お部屋全体をグレートーンに統一し、視線の先を意識したガラス戸にて空間を仕切っています。仕切るといってもガラス戸なので部屋の広がりは保ったまま。シンプルでありながらコンセプトや実用性を兼ね備えた設計・施工です。#1-061

Oui,monsieur
Oui,monsieur

今すぐにでもレストランがはじめられそうなお部屋。天井の打ちっ放しの仕上げ。それとは対照的なドアや床の柔らかい木の質感。上品なブルーの大きなキッチン。目の細かなタイルをキッチン壁面へ。採光が豊富なので照明は少な目。日中はバルコニーから入る優しい日差しという副菜を添えて主菜をどう...

スペインバルのようなキッチン
スペインバルのようなキッチン

とても日当りが良いお部屋だったので、リビング横の洋室を日向ぼっこしながら、読書をしたり寛げる空間をつくりました。その他箇所は既存の壁を活かし、クロスの貼り替え、水廻りの交換をしました。床材は、足触りの良い天然無垢材を使用。#1-019

ミッドセンチュリィーモダン
ミッドセンチュリィーモダン

3LDKだった間取りを1LDKに変更。将来的には北側の居室を2部屋に変更可能な設計にしました。床材は木目豊かなウォールナット材の天然無垢材を使用。リビングと廊下の間のドアは、デザインが良かったので塗装仕上げにして活かしました。#1-021

スタジオ
スタジオ

主張の強い色味を使い、隠れ家的な空間を演出。 天井を黒塗りにし、白黒をベースにしたので家具小物に三原色を使ってもよく目立ちます。 しがらみなく過ごした少年時代に思い描いていたような隠れ家を具現化! リビングの壁を取り払うことで、とても広く感じます。 棚は造作で設置しました...

カリフォルニアホワイト
カリフォルニアホワイト

フローリングはパーチ材と壁のカリフォルニアホワイトで白浜をイメージしました。リビングと居室をつなぐウォークスルークローゼットは、機能性の中に空間が広がり、連続性を持たせました。広いタイル貼りのエントランスには、豪快でオシャレな自転車を置く予定です。#1-023

天井、高!
天井、高!

玄関を開けた瞬間に広がる床と天井の天然無垢材板張りの空間。天井高は3M超え!!これマンションなんです!勾配天井を生かし贅沢に無垢材のパネリング工法にしました。ポップなカラーをセレクトしたガラス入りのリビング扉も必見です!!#1-024

天井まで木!
天井まで木!

2面から光が差し込むお部屋。バルコニーからの眺望は見晴らしが良く、遮るものがありません。元から採光が豊富で明るい物件だからこそシンプルに光が広がるように、細い床板を部屋に敷き詰め、天井も同じ素材でパネリング。光の反射もやわらかくなり、お部屋の雰囲気すら変えてしまいました。#1-0...

0LDKという発想
0LDKという発想

snowpeak UrbanOutdoor物件であるこのお部屋。Snowpeakが掲げる「人間回帰」をコンセプトに沿うよう、「五感を活性化する空間」を目指しました。日中は広い窓からの自然光だけで。夜は、建材の素材感がもつ”影”を感じることができる、明るすぎない空間となっています。0LDKという間取りは、うちと外...

新しい発想の間仕切り
新しい発想の間仕切り

奥行きのあるこのお部屋。新たに壁を作ったりして空間を仕切ることはよくありますが、このお部屋は、天井の梁の位置で、床の高低を変え、部屋を区切りました。見せる収納、隠す収納を並列。開放感のあるリノべ物件にありがちな収納力不足をカバーしています。無垢材の床とモルタルの床のバランスで...

土間の良さは、住んでみてわかる
土間の良さは、住んでみてわかる

青を基調とした室内。キッチンの白いハニカム貼りのタイルや、造作棚のパネリングなど、ディティールにこだわっています。玄関を入るとすぐに広い土間スペース。実際に生活してみると、このスペースに何でもおける利便性に気づくはず。#1-066